News & Blog お知らせ/ブログ

きちんとセキュリティを意識してパスワードを決めるようにしたいですね

 

新しい年を迎えました。街を歩けばどこか年始の賑わいを感じられます。

コロナ禍が始まりあっという間の約2年間でしたが、それでも感染症対策に以前よりも世間の関心が強くなったからでしょうか、ここ最近はこの時期になってもインフルエンザの流行に関してもかなり話題になることが減ったように感じています。

 

年末年始になると、テレビでは特番が組まれ、短い冬休みに入る…という人も多いと思います。

夏休みや春休みに比べると、短めの休みなのでどちらかというとゴールデンウイーク休みのようなギュッと濃縮した休みになりがちです。

 

しかしいまだ続く感染症対策のためにあまり外出せず、自宅でのんびり動画視聴などをしながら過ごすという人も案外多いのではないでしょうか。

ステイホームが推奨されるようになってから、以前はあまり興味を持っていなかったパソコンやインターネット系のコンテンツ、そしてオンラインゲームなど自宅で楽しめる遊びや娯楽に興味を持つ人が増えたそうです。

 

ただ、自宅で気軽に楽しめるオンライン系のコンテンツとなると、必ずと言っていいほどついて回るものがあります。

それは、パスワード。

身近なものですと銀行ATM用のパスワードやスマートフォンのロックに始まり、オンラインショッピングなどでも欠かすことが出来ないものになっています。

 

そんなパスワードですが、皆さんはしっかりセキュリティ対策を考えて、選んでいますでしょうか。

もちろん、簡単に予測できず、ランダム性だけでなく記号や数字を上手に組み合わせた長いパスワードを決めることで、セキュリティ性は向上します。

しかしそれでもついつい自分で覚えられるものを選ぼうと、語呂合わせやいい加減なものを選んでしまう…という人も案外多いようです。

 

そんなパスワードがニュースで話題になっていたのですが、パスワード管理会社の発表によると世界50か国で集めたデータでは、1番多いパスワードは123456なのだそうです。

小さい数字から順番の6桁で、セキュリティ面ではかなり不安なものですが、そのパスワードが世界で一番使われているというのはびっくりですよね。

 

ちなみに、2位はどんなパスワードだと思いますか?

 

私の予想としては000000だったのですが、2位はなんと123456789。

1位に引き続き数字を順番に並べただけだそうです。

1位と大して変わらないというのもびっくりですが、3位も12345でしたので、世界的にみると数字を順番に並べているというのが、多いのかもしれません。

 

世界的なパスワードの傾向はわかりましたが、では、日本国内では…?

 

 

といえば、日本国内だけで見ると世界で一番人気だった1233456はなんと2位なのだそうです。

さすがにこういったセキュリティ面ではきをつけている人が多いのがわかる気がしますが、では1位はどうだったのかというと、シンプルにpasswordと入力している人が多いそうです。

 

パスワードを文字通り、パスワードにしてしまうというのはどうなのでしょうか?

意外と盲点になっているのかもしれませんが、それでも大切なショッピング用のアカウントや支払いの伴うアカウントなどには、ちょっと使いにくいように感じますよね。

 

これから年末に向けて、オンラインショップなどでも年末セールが始まるので、買い物のためにアカウントを作成する人もいると思いますが、いざという時にアカウントを悪用されたり乗っ取られたりということがないように、パスワードは自分にだけわかるものにしましょう。

 

セキュリティといえば、お家のセキュリティも大切ですよね。

実は不審者の侵入場所は大きな窓からという事が多く、しかも窓ガラスを破壊し侵入てくるといパターンがほとんどだそうです。

しかし、ガラス破壊時間がかかった場合、諦めて立ち去ることが多いという事です。

 

そこでおススメなのが防犯フィルムです。

この防犯フィルム貼り付けてしまえば、ガラスが割れても飛散しい為侵入にかなりの時間を要するという事が立証されています。

 

そんなときには、TALL TREEでぜひ飛散防止で防犯対策にもなるガラスフィルムを、お家の窓に取り付けてみてはいかがでしょうか。